Brave Song



作詞、作詞︰麻枝 准
編曲︰ANANT GRADE EYES
歌︰多田 葵


いつもひとりで歩いてた 振り返るとみんなは遠く
一直都是一個人前進著 回頭看看 大家已在遠處
それでもあたしは歩いた それが強さだった
即使如此我還是繼續前進 這就是堅強吧
もう何も恐くない そう呟いてみせる
「已經沒有什麼好怕的了」這樣對自己說
いつか人は一人になって 思い出 の中に生きてくだけ
總有一天 我們都將孤身一人 只能活在回憶之中
孤独さえ愛し笑ってられるように あたしは戦うんだ
於孤獨之中仍然充滿愛的笑著 我就像這樣戰鬥下去
涙なんて見せないんだ
不讓人看見我的眼淚


いつもひとりで歩いてた 行く先には崖が待ってた
一直都是一個人前進著 前方有懸崖等著我吧
それでもあたしは歩いた 強さの証明のため
即使如此我還是繼續前進 是為了證明我這份堅強
吹きつける強い風  汗でシャツが張りつく
迎面吹來了強風 汗水滴濕了襯衫
いつか忘れてしまえるなら 生きることそれはたやすいもの
哪一天如果能完全忘記的話 活著只是一件簡單的事
忘却の彼方へと落ちていくなら それは逃げることだろう
但如果掉落在忘卻的對面不肯回來 那就是所謂的逃避吧
生きた意味すら消えるだろう
活著的意義也會消失了吧



風はやがて凪いでた 汗も乾いて
強風變成微風 汗水也乾了
お腹が空 いてきたな 何かあったっけ
肚子也餓了 發生什麼事了呢
賑やかな声と共にいい匂いがやってきた
之後熱鬧的聲音和香味就一起傳來了


いつもひとりで歩いてた みんなが待っていた
一直都是一個人前進著 大家都在等著我吧


いつか人は一人になって 思い出の中に生きてくだけ
總有一天 我們都將孤身一人 只能活在回憶之中 
それでもいい 安らかなこの気持ちは それを仲間と呼ぶんだ
這樣也好 這種安樂的心情 就是所謂的朋友
いつかみんなと過ごした日々も忘れてどこかで生きてるよ
總有一天 也會忘記與大家共渡的那段時光 在哪裡活著
その時はもう強くなんかないよ
那時已經沒有什麼堅不堅強了
普通の女の子の弱さで涙を零すよ 
只會像平凡女子那般 柔弱地流下眼淚

balmung 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()