很多時候機會只有一次 幼稚的賭氣 葬送的東西是無法估計的
歌詞真的寫的很好

from Y to Y
作詞/作曲:ジミーサムP
歌:初音ミク

背中を向けて君は歩き出した
背對著我你開始走遠
交わす言葉も無いまま
彼此之間連一句話也沒說
揺れる心の中 子供のように叫んだ
動搖的心中 正像小孩子一般地大喊著
行かないで 行かないで ねえ…
不要走 不要走 吶……

背中を向けて僕は歩き出した
背對著你我開始走遠
涙落ちる前に行かなきゃ
得在眼淚掉下來之前離開才行
幸せすぎるのは嫌いだと偽った
討厭太過幸福的狀態這種話其實是假的
強がって手放した理想の未來
因為逞強而放開的理想未來
取り戻せぬ願い
無法取回的願望

少し広く感じる この狹いワンルーム
感覺有點空曠呀 這個狹窄的單人房
心の隙間を広げるようだ
就好像會把內心的縫隙也擴大一樣
少し長く感じる ほんの一分一秒
感覺有點漫長呀 每一分每一秒

君と過ごせたら、と
想著「如果能夠和你一起度過的話」

願うことさえ許されない世界なのかな
難道這是個連許願也無法被允許的世界嗎
たった一つの噓でさえも
就連單單一個小謊言也是如此嗎
君の涙を生んでしまう
從你的眼淚中誕生的
數え切れないほどの罪を重ねてきた
無數的罪惡不停累積著
その手に觸れたこと
不管觸碰到了那隻手
君の隣でそっと生きようとしたこと
或是在你的身邊靜悄悄地活著的事情

今を一つ拾うたび 過去を一つ捨てるような
在此刻拾起一件事物時 就像是把過去的一件事物給捨去一般
有限の記憶と時間の中
在有限的記憶與時間之中
そこに居座っただけの僕の存在など
只待在那裡的我的存在什麼的
きっと君の記憶から消える
一定會從你的記憶當中消失的

もう二度と戻れないの?
已經無法再回到原樣了嗎?
ここは始まりか、終わりか
這裡究竟是開始、還是結束呢

広いベッドで眠る夜はまだ明けない
在空曠床鋪上入眠的夜晚黎明尚未來臨
また一人で夢を見るよ
仍然是獨自一人做著夢
君の記憶を辿る夢を
追溯著你的記憶的夢境
數え切れないほどの罪を重ねてきた
無數的罪惡不停累積著
その手に觸れたこと
不管觸碰到了那隻手
君の隣でそっと生きようとしたこと
或是在你的身邊靜悄悄地活著的事情

孤獨の痛みで償うから
如果能夠用孤獨的痛苦來償還的話
君の記憶にそっと居させて
請讓我在你的記憶中靜悄悄地待著

変わらない気持ちでまた出會えたら良いね
如果可以保持相同的心情再次和你相見的話就好了呢
そして手を繋ごう
然後牽起彼此的手吧
そのときまで
直到那個時候來臨前
「またね」
「再見囉」

~終わり~
☆°.·∴水色極光制作°★. ☆° ∴·

balmung 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()