パトリシア

「花開物語」印象歌
作詞:きみコ/作曲:佐々木淳
歌:nano.RIPE

隨分遠くまで歩いてきたと思う〖雖然想一直隨意地向著遠方行進〗
けれどまだ霞む未來〖但是前方依然有曖昧不清的未來〗
立ち止まることがただ怖いから〖一直不斷前進只是單純的害怕〗
流されるまま歩いてた〖所以一直隨波逐流般行進〗

どこから來たのかどこへ向かうのか〖我從何而來 又該向往哪去〗
自分のことさえわからないまま〖就連自身都一直曖昧不清〗
変わりゆく日々の色や匂いは〖不斷變化的日子的色彩與味道〗
ガラスの向こう側のこと〖已經在玻璃的另一邊顯現〗

サヨナラするたびに消えてしまった色は〖在一次次的再見中色彩在不斷消逝〗
そう遠くない場所でぼくを待っていた〖在這并不遙遠之地我會一直等待著〗

きみに出會うまで忘れたふりをして〖直到與你相遇為止我都會佯裝忘卻〗
誰にも言えずに隠してきたものが〖不能對任何人訴說一直隱藏心底的事物〗
胸の奧で軋んで泣いた ココニイルヨ〖在內心一直大聲哭喊著的就在這里哦〗

降り注ぐ朝の光のような〖仿佛傾瀉而下的晨光一般〗
やわらかな聲は清く強く〖溫柔的聲音是那么的清澈堅強〗
大切なものはヒトツきりだと〖重要的事物僅僅只有一個〗
決め付けていたぼくの手を〖是用自己的雙手去決定的〗

ぎゅっと握りしめた〖緊緊地將之握緊〗
ずっと探してたと〖一直都在不斷追尋〗
ただそれだけで絡まった指に宿るよ〖僅僅只是這樣就已在相纏的指尖上寄宿〗

きみに出會うため生まれてきただとか〖我是不是為了與你邂逅而生的呢〗
きみを守るためこの身を捧ぐとか〖我是不是為了守護你而奉獻出自身呢〗
そんなことは言えないけれど それでも今〖雖然到現在這樣的話還無法說出口〗

きみを想うたびその手に觸れるたび〖每次想起你 每次與你指尖相觸〗
探してたものがぼくにもあったこと〖一直不斷尋找的東西其實就在身邊〗
愛してるのコトバの意味を少しずつ知る〖我愛你這句話的意義已然略微知曉〗

愛してるのコトバの意味を少しずつ知る〖我愛你這句話的意義已然略微知曉〗

★→Lrc By L長弓追翼←★

balmung 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()