Diver (潛水員)
作詞∶Tatsuya Mitsumura
作曲∶Tatsuya Mitsumura
歌∶NICO Touches the Walls

あの水平線が遠ざかっていく (那條水平線正漸漸遠離)
青すぎた空には明日すら描けなくて (幾近湛藍的天空 卻無法描繪出明天)
息もできないくらい澱んだ人の群れ (快要讓人窒息的禁錮人群)
僕はいつからここに潛り込んだんだ? (我是從何時起便陷入其中?)
悲しみなんて吐きだして (發泄出所謂的悲傷)
前だけ見てればいいんだっけ (然后徑直向前就好了 對嗎?)
それじゃとてもまともでいられない (這樣一來便再也無法循規蹈矩)
すべてを僕が敵にまわしても (即便用所有的一切來與之對抗)
光をかすかに感じてるんだ (也只能依稀感受到那微弱之光)
そこまで行けそうなら (這樣的話也許就能到達那里)
息をしたくて ここは苦しくて (我想要呼吸 這里如此苦悶)
闇を見上げるだけの夜は (舉首只現黑暗的夜里)
もがく減圧癥のダイバー (像個身患減壓癥的潛水員)
生きているんだって 確かめたくて (既然仍存活于世 就想去確認)
深い海底を目指してもう一度 呼吸をしよう (再一次以深邃海底作為目標 試著深呼吸吧)

頭の中の地図をひっくり返したら (翻看腦海中留存的地圖)
足りないものだらけで 獨り怯えた昨夜 (昨天夜里孤獨顫抖 只因已無完整之處)
僕は強いんだってずっと思ってた (始終認為自己非常堅強)
誰よりも強いってずっと思ってた (要比任何人都更加的堅強)
迷子になった白鳥が (不識去向的白天鵝啊)
星の夜空に浮かんでいた (只能輾轉反側星空之下)
慰めのように降り出した雨 (天邊漸漸灑下慰藉之雨)
だけどどうやら僕らはなれそうもない (但很顯然我們仍然一如往常)
星が星なら僕は僕さ (星辰依舊 我也依舊)
どこまで行けそうかな (只是不知道自己能去到哪里)

重たい錨を背負い込んで (只身肩負沉重錨頭)
ほんの少し祈りを吐きだして (只想能些許傾訴心中祈愿)
まるで合図のように降り出した雨 (大雨作為信號道標悄然降臨)
息をしたくて ここは苦しくて (我想要呼吸 這里如此苦悶)
闇を見上げるだけの僕じゃ (抬頭只見黑暗的我)
浮かぶ方法もないダイバー (像是不懂如何上浮的潛水員)
生きているんだって 確かめたいならそう (既然仍存活于世 就想去確認)
深い海底を目指してもう一度だけ (最后一次以深邃海底作為目標)
息をしてみて (試著深呼吸)
ただの幸せに気づいたら (若能察覺這簡單的幸福)
もう二度と溺れないよ (便再也不會沉溺)

〖 LRC By 賴潤誠卐地獄門歌詞組 〗
〖 翻訳 By SOSG & 伊達流星〗
【 おわり 】

balmung 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()