エウテルペ
【罪惡王冠】插曲
作詞/作曲/編曲 :ryo
歌:EGOIST

咲(さ)いた野(の)の花(はな)よ{saita nono hanayo}
あぁ どうか 教(おし)えておくれ{aa douka oshiete okure}
人(ひと)は何故(なぜ) 傷(きず)つけ合(あ)って{hitowa naze kizutsuke atte}
爭(あらそ)うのでしょう{araso uno desyou}

凜(りん)と 咲(さ)く花(はな)よ{rinnto saku hanayo}
そこから何(なに)が見(み)える{sokokara naniga mieru}
人(ひと)は何故(なぜ) 許(ゆる)しあうこと{hitowa naze yurushi aukoto}
できない何(なん)でしょう{dekinai nanndesyou}

雨(あめ)が過(す)ぎて夏(なつ)は{amega sugede natsuwa}
青(あお)を映(うつ)した{aowo utsushita}
一(ひと)つになって{hitotsuni natte}
小(ちい)さく揺(ゆ)れた{chiisaku yureta}
わたしの前(まえ)で{watashino maede}
何(なに)も言(い)わずに{nanimo iwazuni}

枯(か)れて逝(ゆ)く共(とも)に{karete yuku tomoni}
お前(まえ)は何(なに)を思(おも)う{omaewa naniwo omou}
言葉(ことば)を持(も)たぬ{kotobawo motanu}
その果(は)てなんと{sono hate nannto}
愛(あい)を伝(つた)える{aiwo tsutaeru}

あぁ 夏(なつ)の日(ひ)別(わか)れて{aa natsunohi wakarete}
風(かぜ)がなびった{kazega nabitta}
二(ふた)つ重(かさ)なって{futatsu kasanatte}
生(い)きた証(あかし)を{ikta akashiwo}
わたしが歌(うた)おう{watashiga utaou}
名(な)のなき友(とも)の ため{nanonaki tomono tame}

★→Lrc By fankie←★
終わり


エウテルペ
「罪惡王冠」插入歌
作詞/作曲/編曲:ryo
歌:EGOIST

咲いた野の花よ〖盛開的野花啊〗
ああ どうか教えておくれ〖啊啊 請您務必告訴我〗
人は何故 傷つけあって〖人們為何要互相傷害〗
爭うのでしょう〖互相爭斗呢〗

凜と咲く花よ〖凜然綻放的花兒啊〗
そこから何が見える〖你在那里能看到什么〗
人は何故 許しあうこと〖人們為何就是無法〗
できないのでしょう〖互相原諒呢〗

雨が過ぎて夏は〖雨過天晴的夏日〗
青を移した〖轉變成蒼藍〗
一つになって〖融為一體〗
小さく揺れた〖在微微搖曳的〗
私の前で〖我面前〗
何も言わずに〖沉默不語〗

枯れていく友に〖對悄然枯萎的友人〗
お前は何を思う〖你有何感想〗
言葉を持たぬその葉で〖憑著不能言語的葉子〗
なんと愛を伝える〖竟能傳達愛意〗

夏の陽は陰って〖夏日陽光陰霾籠罩〗
風が靡いた〖陣陣微風輕輕蕩漾〗
二つ重なって〖兩者重疊交錯〗
生きた証を〖那生存的證明〗
私は唄おう〖就任我盡情歌頌吧〗
名もなき者のため〖皆為了無名之者〗

★→Lrc By L長弓追翼 卐 地獄門歌詞組←★
☆→翻訳 By 草帽仔‖地獄門歌詞組←☆
終わり

Posted by balmung at 痞客邦 PIXNET 留言(0) 引用(0) 人氣()