sign
「在盛夏等待 OP」
作詞:KOTOKO / 作曲:折戸伸治 / 編曲:高瀬一矢
歌:Ray
by:草帽仔^_^

頬を過ぎる潮風 君は黙ってるだけ〖拂過臉頰的海風 默不作聲的你〗
本當はその橫顔 觸れてみたいのに〖其實我是多么想撫摸你的側臉〗

口づけた気がしてた あれはそう、夢の中〖宛如親吻的感覺 那只是夢境當中〗
現実の境界を 風がさらう〖風把現實的界限奪走〗

何気ない言葉で輝きだした日常〖日常因坦摯的話語而栩栩生輝〗
いつか見た映畫みたいだね〖就猶如昔日欣賞的電影〗

季節が巡り巡っても 僕らをずっと待ってる〖季節輪回交替 一直在等待我們〗
焦げたフィルムのような夏の香り〖盛夏氣息仿佛燒焦的膠卷〗
出會った日の空の青〖相遇之日的藍空〗
覗いた君の瞳〖窺視你雙眸所見的〗
きっと…〖一定是…〗
消せない予感がした〖無法消逝的預感〗

君の笑顔弾けた 夏色のレンズ越し〖透過夏日的鏡頭 拍見綻放笑容的你〗
本當はもっと近くで 見つめたいのに〖其實我是多么想在更近處注視你〗
揺れる木々のざわめき 仲間の笑いあう聲〖風吹樹木的沙沙聲 同伴嬉戲的歡樂聲〗
一瞬の勇気 邪魔されて 今も言えない〖受到瞬間勇氣的妨礙 至今仍說不出口〗

覗いてみたいな 本當の君の気持ち〖好想探視一下你真正的心意〗
風の向きが変わる前に〖趁在風向改變之前〗

理性に逆らうように 思いが強くなってく〖仿佛違背理性似的 思緒愈漸愈強〗
太陽に焼かれた砂のように〖如暴曬于熱日之下的沙石〗
瞼を閉じても出會う笑顔に意識遠くなる〖合上眼簾 初見時的笑臉讓意識遠去〗
真夏の空の下〖于盛夏之空下〗

TVアニメ「あの夏で待ってる」OPテーマ

手招く君と蜃気樓〖招手的你看似海市蜃樓〗
短い季節の真ん中で 揺れた…〖在短暫的季節當中 搖搖欲墜…〗

季節が巡リ巡っても 僕らをずっと待ってる〖季節輪回交替 一直在等待我們〗
焦げたフィルムのような夏の香り〖盛夏氣息仿佛燒焦的膠卷〗
疼いて消えない予感〖痛楚難消的預感〗
覗いたレンズ 飛び越えて〖跳出眼中所見的鏡頭〗
その手を摑むから…〖欲要牽住你的手…〗

★→Lrc By 草帽仔‖地獄門歌詞組←★

終わり

balmung 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()