桜色舞うころ
詞:川江美奈子
曲:川江美奈子
編曲:武部聡志
歌:中島美嘉


桜(さくら)色(いろ)舞(ま)うころ<當櫻花飛舞的時候>
私(わたし)はひとり<我獨自>
押(お)さえきれぬ胸(むね)に<壓抑著胸中的激情>
立(た)ち盡(つ)くしてた<茫然地站在那里>

若葉(わかば)色(いろ) 萌(も)ゆれば<當若葉色萌發的時候>
想(おも)いあふれて<浮動出的記憶的泡沫>
すべてを見失い<完全離我遠去 不再清晰>
あなたへ流(なが)れた<并向你流淌>

めぐる木々(きぎ)たちだけが<只有周圍的樹木>
ふたりを見(み)ていたの<看著我們兩個>
ひとところにはとどまれないと<如果不能在一起的話>
そっとおしえながら<請悄悄告訴我>

枯葉(かれは)色(いろ) 染(そめ)めてく<若葉色更濃了>
あなたのとなり<在你身旁>
移(うつ)ろいゆく日々が<過去的日子>
愛(あい)へと変(か)わるの<凝成了愛情>

どうか木々(かぎ)たちだけは<身旁的樹木>
この想(おも)いを守(まも)って<請為我守護這_愛情>
もう一度(いちど)だけふたりの上(うえ)で<在我倆的頭頂再一次>
そっと葉(は)を揺(ゆ)らして<悄悄地搖曳你的枝葉>

やがて季節(とき)はふたりを<終于有一天>
どこへ運(はこ)んでゆくの<我倆被命運安排到了同一個地方>
ただひとつだけ 確(たし)かな今(いま)を<雖然只有一次 而且就在這時>
そっと抱(だ)きしめていた<那就悄悄地擁抱>

雪(ゆき)化粧(けしょう) まとえば<如果有滿世界的雪景>
想(おも)いはぐれて<如果只是我的幻想>
足跡(あしあと)も消(け)してく<腳印已不再現>
音無(おとな)きいたずら<原是無聲的惡作劇>

どうか木々たちだけは<身旁的樹木>
この想(おも)いを守(まも)って<請為我守護這_愛情>
「永遠(えいえん)」の中(なか)にふたりとどめて<把我們兩人守護在時空的中點>
ここに 生(い)き続(つづ)けて<這里一生一世>

めぐる木々たちだけが<只有周圍的樹木>
ふたりを見(み)ていたの<看著我們兩個>
ひとところにはとどまれないと<如果不能在一起的話>
そっとおしえながら<請悄悄地告訴我>

桜(さくら)色(いろ)舞(ま)うころ<櫻花的顏色飛舞之時>
私(わたし)はひとり<我獨自>
あなたへの想(おも)いを<把對你的思念>
かみしめたまま<細細品味>


balmung 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()